2018年の賃貸住宅フェア九州。

恒例の全国賃貸住宅新聞社主催、賃貸住宅フェア2018 in 九州に、今年も参戦してまいりました。本業はなんと念には念を入れて3連休とし、懇親会にも万全の態勢で臨めるよう準備万端整えての出陣でしたが、あくまでお話を聞く側ですので、気持ち的には気軽なものです。

事前にいくつか興味のあるセミナーをピックアップしてみましたが、やはり自分の中で一番の目玉は湘南再生大家:天野さんの「マンション経営より3倍以上儲かる福岡での宿泊事業の始め方」でしたね。

天野さんが実現されていることは、私が当初目指していたことをそのままビッグスケールにした仕組みで、「できるできるとは聞いていたが、本当にやっている人が身近にいるとは思わなかった」事業内容です。それは、何度か直接お会いした中でも耳にしておりましたが、まだその入り口にも立っていない私があれやこれや根掘り葉掘り質問攻めにするのは憚られたので、今回のセミナーは本当に「渡りに船」の内容でした。

当日、セミナー開始時間のかなり前から行列ができ始めたので、私もほかのセミナーには目もくれず行列に加わりました。ちょうどその時間、「凄腕大家4人」の座談会も行われていましたが、4人とも何かしらお知り合いという状況でしたので、迷うことなく天野さんのほうへww。

この時、かなり前方に着席したんですが、私の前に一人の長髪の40代くらいの男性がいらっしゃいました。

王欣太のマンガ「達人伝」に出てくる王齕(おうこつ)のような外見のその男性は、立ち居振る舞いから関係者の方とお見受けしました。その時点では。私は初めてお見かけする方でした。

セミナーの内容は詳しくは省略しますが、やはり机上の空論ではなくきちっと実現させてしっかり利益を上げてらっしゃるところが、天野さんの凄いところだと改めて実感しました。たとえば、新築マンション一棟を借り上げて転貸で旅館にするとひと言で言っても、実はそんなに簡単ではありません。オーナーも当然融資を受けてマンションを建築されますので、たとえば私のような弱小不動産投資家が「想定家賃の120%で借り上げます」と言ったところで、仮にオーナーが乗り気でも、金融機関がそれを認めてくれるはずがないですよね。天野さんも、後でお話しした際に「その辺はやっぱり投資家さんのステージ次第だね」とおっしゃってました。

このブログは2か月も3か月も前のことを書いていて、私が遅筆なため一向にリアルの時間に追いつきませんが、今この文章を書いているのは賃貸住宅フェアから2か月過ぎています。そして、私の中では、旅館業へのトライの情熱が、いったん落ち着いてきている状況です。その理由の一つは、「やはり自分の思う姿で旅館業をやろうとすると、キャッシュポジションにしろ法人の実績にしろ、まだまだだな」ということに気付かされたからです。

それを気づかせてくれたのは、やはりこのセミナーを聞いたから、という部分もあります。天野さんは宿泊事業の素晴らしさを教えようとしてくださったわけですが、私は逆に「もう少し体力つけないと無理だな」ということを悟ってしまった感じです。

確かに、戸建て1棟の旅館化とかならできるかもしれませんが、それは私の目指す方向ではないため、今は雌伏してチャンスを待つべきかなという考えに徐々に変わってきています。

とまあ、私の心境の変化はさておき、フェア当日に貴重な天野さんのセミナーをお聞かせいただき、その時点ではテンションが大きく上がったところで、打ち上げ・懇親会へとなだれ込んだわけですが(結局これが楽しみ)、今回はお仲間Nさんにお誘いいただき、凄腕大家たちと天野さんと他数名、トータル10名ちょっとで博多駅近くで実施しました。

あ、天野さんもいらっしゃるなら、別にセミナー参加せずに直接いろいろ質問すればいいじゃないかと思うかもしれませんが、個人的にそれは筋違いというか、節度がないなと感じるので、懇親会はあくまで懇親メインで実施すべきと考えてます。話し込むとあっという間に時間がたつので、大事なゲストを占有してしまうわけにはいきませんから。

レジェンドポケモンに遭遇!

このとき実はちょっと驚いた出会いがありまして、駅に向かうタクシーの中で、誰ともなく「有名な〇〇さんも来るらしいよ」「へ~、ニュースにもなった人ですよね?」といった会話が交わされておりました。※伏字やボカした表現が多く恐縮です。

私もお会いしたことはないものの「存在」自体はよく知っていたので、「いったいどんな人なんだろう?」と思いながら、懇親会の居酒屋に入店したのですが、そこにいらっしゃったのはなんと天野さんのセミナーで私の前に座っていた王齕!!

そうだったのか!王齕があの「反骨のレジェンド」だったのか!まさか、「立志伝中の人物」と言っても過言ではない方にお会いできるなんて・・・。

しかも、お話を聞けば聞くほどスケールが大きすぎて、目まいがするレベル(不動産だけではない)。よくある、伝説が独り歩きしたレジェンドではなく、現在進行形の本物のレジェンドでした。

こんな望外の、予期せぬ出会いがあるから、不動産はやめられない。いや、不動産に限らず、自分の足で「ビジネス」を「事業」を興していこうと歩き続けていると、こんな出会いがゴロゴロありますね。実際に歩いている方ならわかるはず。

こんな人がいるんだ、こんなステージまで行ける可能性があるんだ、と夢を持たせてくれるだけでもありがたいですし、実際に自分もその半分でもいいから達成しようと思うモチベーションにもつながります。

まあ、「人物に対する評価」って、人によって本当にバラバラですし、私が高く評価する人をあなたも高く評価するとは限らないわけですけど、そんなことはどうでもよくて、結局、自分がどう思うかが重要で。世間的には過小評価されてるけど、自分はそんなことないと思うとか、チヤホヤされてるけど実際には大した人物じゃないな、とか、色々あると思います。

そんな中で、自分がプラス評価をした人たちとともにこの先歩んでいくことになるわけで、それがある意味、呼び寄せ・引き寄せの法則と呼ばれるものなのかもしれません。

なんてことを書いてみましたが、いや~、正直、自分はどう頑張ってもあの「レジェンド」の域には達することはできないな~。そんな額を溶かしちゃったら正気じゃいられないし、もしスーパーカー買ったらぶつけないように細心の注意を払って乗っちゃうし(庶民だから)、とてもとても、蚊に刺されたくらいにしか気にしていないあの大物っぷりを拝見すると、本当に「リアル王齕」にしか見えないw。

「王齕」がわからない方は、画像検索でググってみてください。「キングダム」の王齕ではなく、「達人伝」の王齕ですよ~。

というわけで、なかなか実り多い賃貸住宅フェアとなりました。来年もまたどんな出会いがあるのか非常に楽しみです。