毎月の帳簿入力

税理士さんもいろいろいらっしゃいますが、私は多県にまたがって広域に活動している税理士法人さんにお願いしてます。

 

GoogleDriveでエクセルを共有して、そこに自分で入力まで行います。細かい仕訳は、先方でやってくれます。

 

コミュニケーションはというと、基本は月1回のスカイプ面談です。30分くらい。電話してもいいんですが、電話するほどの事ってなかなかなくって、面談以外に用事があれば、メールで済ませます。

 

近隣の税理士さんではない場合、上記のような対応は、まあそう珍しくないと思いますが、私の場合は、消費税の申告を毎月にしているので、毎月しっかりエクセルに入力が必要で、それが超めんどくさいです。

 

それくらい、普通の会社を経営していたら当たり前だっていうのは分かるんですが、理解はしててもめんどくさいです(笑。

 

なぜ、非課税のはずの住居系大家さんが、消費税を納税しているのか?

 

なんででしょうね?(笑

ご想像の通りです。

私の場合、そういうのが得意な税理士さんを探していて、今の税理士さんに出会いました。

 

福岡の、不動産投資が得意な税理士さん

どんな税理士さんに頼むかですが、

①近隣で頼む

②得意分野に合わせて頼む

どちらかだと思います。

 

①の場合、HPなどから自宅や勤務先の近辺の税理士さんをいくつか調べ、大家業とか不動産投資とか地元金融機関の融資事情とか、そういったことにそこまで詳しくなくても、「少しは」分かってらっしゃいそうな雰囲気が「HPから感じられる」税理士さんに頼むんではないかと思います。

 

②の場合は、まずは自分が求めている得意分野・方向性・条件の税理士さんを全国から調べ、そのうち、積極的に日本全国対応している税理士さん、とくに、不動産専門とかサラリーマンをやりながら奥さんを代表にして法人設立とか消費税還付とか、そういう自分が求めている「一芸」に秀でた税理士さんに頼むことになるのではないかと思います。

私は、②の方向から2,3社に絞り込み、あとは問い合わせに対する反応から、自分とフィーリングが合いそうな税理士さんと契約しました。

最初に問い合わせた税理士さんは、電話口でも暗く、積極的に自分を売り込むこともせず、根暗な銀行員とか役人のような感じで、「あ~、この人と組んだら絶対儲からないな」という感じでした。

最終的に契約した税理士さん(税理士法人さん)は、とにかくお金大好き・財テク大好き、みんなで幸せになりましょうオーラ全開な雰囲気で、「この人しかないな」と即決でしたね。

 

どんな税理士さんがおすすめかと言われれば、結局は②と①が合体した税理士さんが最高なんですけどね~。

不動産投資についての理解があって、自分でもやっていて、その他にもサラリーマンの投資事業なども詳しく、規模拡大に力を貸してくれて、黒字にしたいときは黒字に、赤字にしたいときは赤字にしてくれる柔軟性があり、地元金融機関に顔が利き、グレーなことも恐れず、いかにクライアントを儲けさせるかに腐心してくれる税理士さん。

 

なんてことを考えながら、数年ぶりに福岡の税理士さんを検索したら、そういう事務所もポツポツできているようで、ちょっと驚きました。

 

これも、不動産投資がこれだけ身近にというかブームになったことの、一つの恩恵なのかも。うーん、税理士さん変更するのも真剣に検討してみようかな。でも、変更するのもまためんどくさいんだよな~。最初からだったら、絶対こういうとこに任せたのにな~。

あなたも、税理士さんで迷っているようなら、一度②を満たす税理士さん(税理士事務所さん)を、自分の住んでる街で探してみてはいかがでしょうか?