有名大家さん達を招待してのセミナーでした。

10/7は、セミナーのお手伝いをさせていただきました。

お仲間のNさんがメイン主催で、全国の有名大家さん3+1名をご招待しての不動産投資・賃貸経営セミナーです。

私の場合、正直、2015年ごろまでこういったセミナーにはほとんど参加したことがありませんでした。ひたすら本やネット情報や有料・無料の教材で自習してました。その後も、自分の物件取得や新規方向性模索に直接関係しそうなセミナーに数回参加しただけです(先日のJ社のセミナー含め)。

Nさん主催のセミナーや懇親会などは、お手伝いする側で毎回かかわらせていただいていますが、今回のセミナーにいらっしゃる3+1名のうち、特に1名の超有名大家さんには以前から是非お話を聞いてみたいと思っていたので、ひじょ~に楽しみにしてました。

セミナーの中身は置いておくとして(裏技とか飛び道具的なセミナーではないですし)、こういったセミナーをどういう手順で実施しているかと言いますと、まず、Nさんが企画・発案します。過去の、みんなで語り合う形式のセミナーや、最近の有名大家さんをご招待するのもNさんの人脈です。

そして、LINEや居酒屋での事前ミーティングを行ったりして、日程や場所決め・懇親会の予約・前日/当日の予定、などなどを決めていきます。本業が超多忙であれば結構な負担になるでしょうが、私はそうでもなく、逆にこういったことが非常に大きな張り合いになっています。

正直、単に収益不動産をいくつか所有する程度で、管理をすべて管理会社に任せている状況ですと、大家には特にやることがありません。なので、セミナーのお手伝いをさせていただくことは、不動産事業と積極的にかかわっている充実感を得る、とてもいいエクササイズになっている感じです。

 

対外的には成功。しかし、自分としては…。

今回も無事にセミナー・懇親会とも成功し、ホッとしています。とはいえ、参加費用も正直結構な高額になってしまいましたし、有名大家さんを招待することの「責任」も伴うので、若干、脳みそが筋肉痛です。参加費用は、当然ですが我々や招待大家さんが儲けようというのではなく、旅費・交通費・宿泊費などでガッツリ消えていきます。

 

また、今回のセミナーのお手伝いですが、参加者の皆様や、招待した有名大家さんたちに対しては無事に成功したのですが、私個人としては、非常に反省点が大きく、セミナーから3日たっても気分が沈んでいます。嫁にも愚痴ってしまうくらい(普段そんなことしないのですが)、凹んでます。

準備やお手伝いにあれだけパワーを注いだのに、何も爪痕を残せなかった事。期待通り、有名大家さんのセミナー内容は素晴らしかったのですが、なんと言うか、コンサートのケーブル捌きのアルバイトスタッフとして無料でライブが聞けただけ、という感じです。徒労、むなしさ。こうなりそうという予感があったのに対策を打てなかった自分の非力さ、などなど。

いいセミナーが聞けて、仲間とおいしくお酒が飲めればいいというステージではないと思っているので、自分に対する腹立たしさが一番ですね。

何とか気分を切り替えて、先に進まないとですね。しかし、嫌なことは割とすぐ忘れるタイプなので、まだ引きずってることに自分でも驚いてます。